2016年6月30日木曜日

スケジュール管理



こんにちは。emiです。幽霊部員と化していてすみません。梅雨ですね。家の中もじめじめした感じでイヤですが、雨のほうがなんとなく仕事に集中できる気がします。

さて、今日のお題は「スケジュール管理」。私、今回これに失敗しまして…。泣きました。私はお仕事のご依頼を頂くと、スケジュール的に絶対に無理という以外は引き受ける傾向にあり、今回もそんな感じでお引き受けしました。結果、シリーズもの3本を抱えることに。とはいえ、そのうち2本は慣れているもので、しかも納期にゆとりがあったし、30分もの2本(吹替+字幕)と1時間もの1本(字幕)だったので、それほどキツくないと思っていました。(週に1時間分を納品するペースです。)ところが、蓋を開けてみると、もうまったく余裕がなく…。理由は、チェックバックの対応に予想外に時間がかかったことでした。3本のうちの1本が私にとって初めてのクライアントさんで、作業に入る前にエージェントさんから「かなりチェックが入ります」と言われてはいたのですが、あんなにすごいとは思っていなかった!予想をはるかに上回るもので、チェックバックの対応だけで2日間くらい費やしました。翻訳歴15年にして初めてのボコられようと、ほかの作品の作業時間がどんどん減っていくことへの焦りで、本当に泣きながら対応しました。その案件は毎週納品だったので、つまり、毎週2日間がチェックバック対応だけで消えていくわけです。恐ろしいですね…。
結局、クライアントさんのチェックは最初の何話かで終了し、あとはその意志を受け継いだエージェントさんの気合いの入ったチェックバック(笑)に対応するのみだったので何とか生き延びました。あれが最後まで続いていたら体を壊していたかもしれません。本当に勉強になりましたし、間違いなく私の財産となるものだと思います。おかげさまで少し成長できたような気もしています。ありがたいことです。ただ、自分のスケジュール管理の甘さを恨み、新規のクライアントさんの時はゆとりを持とう!と心に誓いました。
そのシリーズも昨日シーズン1最終話の収録を終えました!早くもシーズン2のお話を頂き、嬉しい限りです。翻訳作業が終わった直後だったので、ついテンション低めでお受けしてしまいましたが(笑)今回の教訓を生かし、シーズン2は泣かずに頑張りたいと思います!emi

2016年6月12日日曜日

なりきり!特典翻訳

またもや間が空いてしまいました!izumiです。そんなに忙しかったのか…と言うとそうでもなく、むしろ余裕のある日々が続き、映画を見まくってました。前回予告した『ルーム』はすばらしかったし、『レヴェナント』『スポットライト』も見応えがあり、どれも胸に迫りました。「午前十時の映画祭7」では『恋に落ちて』『愛と追憶の日々』『旅情』『マイ・フェア・レディ』、大好きな『ロシュフォールの恋人たち』は2回見ました♪今なら何でも訳せる気がします(笑)

その間に短い案件をいくつかこなしました。映画の特典映像も何本か訳しましたが、これが楽しかった!特典映像の翻訳は急ぎのことが多いのですが、今回は少しずつバラけてきたおかげで余裕がありました。それにカットされたシーン(Deleted Scenes)やインタビューが多かったので、訳しやすかったのです。これがバリバリのメイキング映像やコメンタリーだと、専門用語や内輪話や誰も知らないスタッフ名が飛び交って、本気で泣きます。

私にとって特典翻訳は「勉強の場」でもあります。本編の字幕をじっくり見て、そこで使われている言葉や口調にならって特典を訳します。劇場やテレビで流して見るのとは違い、巻き戻したりメモを取ったりしながら字幕を注意深く見るのです。仕事でないと、なかなかこんな見方はしません。こうやって見ると、本編の字幕の狙いや意訳加減や訳し方がよく分かります。何よりも自分には出てこない訳語は、翻訳者にとってお宝です!

特典の中でも好きなのは、カットされたシーンの翻訳。本編に入れても違和感がない字幕を目指しますが、これがクセになる楽しさ。本編の字幕翻訳者になりきって訳すのです。

とはいえ、こうして楽しめるのも気持ちに余裕があるから。特典は苦労が多いので、いい面を強調してみました(笑)
特典と本編、どちらを訳せるか選べたら、迷わず本編を選びます!

2016年4月20日水曜日

訳語リストは宝の山!

お久しぶりです、yokoです!

桜の季節が過ぎ、あちこちで明るい白やピンクのつつじを見かけるようになりましたね。春はなんだか急に新しいことを始めたくなったり、気持ちだけが前のめりで加速し、足元がもつれそうな私です(笑)

 ところで皆さんは映画や海外ドラマを見ていて、字幕や吹き替えのセリフで自分の引き出しにない表現に触れたときはどうしていますか?以前もお話ししたように、私やizumiは映画を見に行く時もなるべくメモ帳を用意し、気になった訳語はすぐにメモを取るようにしています。例えば「suddenly」を訳すとき、自分の引き出しから自動的に出てくるのは「急に」とか「突然に」だけだったとします。そこへ別の人が「不意に」と訳しているのを見たら、とても新鮮に見えますよね。そんな、すぐにマネしたくなる表現はその場でメモをして、あとで自分の『訳語リスト』に書き足します。映画やドラマで見た訳語や表現は、物語の筋を理解したうえで生きた用例を見ることになるので、とても参考になります。

 さて、問題はそこからです。訳語リストに書き込んだ表現は、そもそも自分からはなかなか出てこないもの。つまり、ただリストに書き足したくらいでは記憶の底に埋もれてしまい、ちっとも自分の中に取り込めません。そこで大切なのは定期的に訳語リストを読み返すこと。そしてさらに大事なのは、それらの訳語や表現を実際に使って自分のモノにしていくことです。こうして訳語のコレクションを増やして、どんどん身につけていけば表現力が無限に広がるはず!なのに、忙しさにかまけてこの宝箱のような訳語リストの存在をうっかり忘れてしまうことも、しばしば


そんなわけで慌てて訳語リストを開いて読みふけってしまいました。 yoko