2014年6月12日木曜日

字幕における日本的表現

こんにちは!梅雨はいつでも眠いyokoです♪

いきなりですが、言葉にはそれぞれの国の文化を表すものが多く存在します。それは、まあ当然ですよね。日本の文化に由来する言葉は私たちにとって、なじみのあるものばかりなので、翻訳をしているとうっかり使ってしまいそうになります。ところが、よくよく考えてみると日本的表現を当てはめた洋画の字幕って、やっぱりなんだか不自然なんですよね。

 では、どんな言葉が不自然に感じるかというと「日常茶飯事」、「朝飯前」、「朝ご飯」など、「飯」のつく言葉。エッグ・ベネディクトやパンケーキの映像に「ほら 朝ご飯よ」という字幕がついていたら…なんかイメージが壊れませんか? やっぱりここは「ほら 朝食よ」のほうがいいですよね。ただ、ひらがなで「ごはん」の場合は許容されることもあります。3歳くらいの子供が「朝食 まだ?」というのも、ピンとこないですもんね…

 他にも避けたい言葉はあります。「一文無し(無一文)」や「一丁前」、それに「棚ぼた」「鴨ネギ」などのことわざの略。仏に関する言葉にもちょっと注意が必要です。たとえば「成仏」。これは仏教の概念なので、キリスト教文化が背景の物語には当然ながら使えませんよね。日本の刑事ドラマで殺人の被害者を「ホトケ」と言うことがありますが、それも字幕では使えません。

 でも中には言い換えるにもこれ以上の表現が見つからない、という言葉もあって悩みます。それが「茶番」です。これを言い換えようと思ったら「へたな芝居」とか「子供だまし」とか文字数が倍以上ですよ!しかも、なんだか微妙に違う。「茶番」はやっぱり「茶番」なんですよ!!!  というわけで、これまでに何度か「茶番」は使っていますが、今のところは許してもらっています。(制作会社やクライアントによって許容の幅は違います)

 字幕で避けたい日本的表現の言葉は他にも藪から棒、袖の下、カヤの外、カブトを脱ぐなどもあります。また、時代劇を思わせるという意味で「しょっぴく」という言葉も避ける傾向にあります。ただし、映像のジャンルによっては例外もあり、「無一文」などは目にすることも。こういった言葉は、私自身は普段口に出して使うことはあまりありませんが、肌に合うというか…字幕には使えなくても、やっぱりピンとくる表現ばかりですよね。 yoko


さて、ここからはイベントの告知です♪
yokoizumiが所属するJATENTが6月22日に東京・有明でIJET-25の打ち上げを開催します。JAT会員じゃなくても、IJETに参加していなくても参加できる楽しい宴会です。映像翻訳仲間を増やしたい方、興味のある方は気軽にいらしてください!

参加ご希望の方はコメントをくだされば、こちらからご連絡します。コメントは非公開のまま確認しますので、ご安心ください!*参加の締め切りは16日とさせていただきます。

Twitterをご利用の方は @tri_logue_y  @tri_logue_i 宛てにメンションを!

2014年6月1日日曜日

セリフの語尾

セリフの語尾

こんにちは。emiです。夏が近づいてきましたね。さて、今回は翻訳者らしく言葉についてお話ししようと思います。

字幕を作る際、悩むのが登場人物の口調です。各人物の性別、年齢、性格などを踏まえて、どんな口調がふさわしいかを考えます。でも字幕では、普段の話し言葉よりも女性は女性らしく、男性は男性らしい言葉が使われていると思いませんか?

まずは女性の場合。「~よね」「~わ」など、いわゆる女口調にするのが一般的なようです。10代の若者には「~だよね」のようにカジュアルな言葉を付ける傾向が出てきましたが、現実には30代40代の女性もそちらを使いますよね。でも字幕では女口調にする。自然なセリフを目指しているのに、なぜなのか。私は一時期、この傾向がなくなればいいと思い、人知れずもがいていました(笑)そんな時、とある小説家が「女性を女口調にする理由は、そうしないと男勝りな女性という印象になるから」と書かれているのを読んで、すごく納得しました。確かにそうだと思います。

次に男性の場合。1つ例を挙げてみます。以前担当した刑事ドラマで、主人公の刑事が電話を取るシーンがありました。英語スピーカーは、電話を取ると自分の名前だけを言うことがよくあります。この時も「Conner.(彼の名字)」と一言だけ。捜査チームの厳格なボスでしたので、「コナーだ」がしっくりくる気がしましたが、そこで、「待てよ。現実に電話を取って、“○○だ”なんて言う人いないんじゃ…?」と思いました。皆さんの周りにいるでしょうか。私は思い浮かばなかったので、「コナーです」として納品しました。でも結局、キャラクターにそぐわないと指摘されて「コナーだ」に修正しました。やっぱりそうかーという感じで終わったのですが、その後、何気なく日本の刑事ドラマを見ていたら、主人公の刑事が「○○だ」と言って電話に出ていました。なんだ、悩まなくてよかったんだ!と思いました(笑)このドラマに関してはまったく違和感がなかったのです。ただ、概して違和感を持つ人は大勢いるようで、ネット上には「なぜドラマ(邦洋問わず)では普段の話し方と違う言葉が使われるのですか?」といった内容の質問が多く見られます。日本作品や海外モノの吹替版なら、役者さんの技量で余計な女らしさや男らしさは出ないようにできるのかもしれないので、そのうち普段の話し方と同じになることも考えられますね。字幕のほうが難しいかなと思います。

字幕でこうした語尾を使う理由はまだあります。同じ語尾が続くと単調に見えてよくないとされるので「~よね」「~わ」「~んだ」などで変化を付けるわけです。
また、1枚の字幕に2文を入れる場合にも便利です。たとえば、

現場に行ってきた
君は犯人じゃない

という字幕の場合、「話者が現場に行って、君が犯人じゃないことが分かった」という意味なのですが、「現場に行ってきた君」と読めなくもありません。ここで1行目を「現場に行ってきた“んだ”」とすると、話者が行ったことが明確になります。視聴者に一瞬でも「ん?」と思わせてはいけないのが字幕なので、それを避ける手段です。
個人的にはやりすぎると気持ち悪いので適当に抑えますが、いろいろ考えているうちに、以前のように「すべて取り除きたい!」とは思わなくなりました(笑)

最後に、非常に興味深いサイトと書籍を見つけたのでご紹介しておきます。

●テレビドラマにおける女性言葉とジェンダーフィルター
『文末詞(終助詞)使用実態調査の中間報告より』水本光美氏(北九州市立大学)
http://www.gender.jp/journal/no5/3_mizumoto.html

●『翻訳がつくる日本語―ヒロインは「女ことば」を話し続ける』 中村桃子著
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013101300010.html