2015年8月20日木曜日

プロの仕事



こんにちは♪ようやく少し涼しくなってきて嬉しい限りのemiです。
しかし夏の疲れが取れない…。
さて先日、吹替を担当したドラマシリーズの収録が無事終了しました。
いろいろありましたが、特に印象に残ったことがあります。それは、ある声優さんのお話。最終話でその方の演じる人物が絶叫しまくるシーンがあり、それを見ていた私はふと、家で練習する時はどうしてるんだろう?と思いました。あまりにもすさまじい絶叫で、自宅で練習していたら窓をすべて閉めていても近所の人に通報されるレベルなんじゃないか、と思ったんです。その後、打ち上げでご本人とお話しする機会があったので、そのことを尋ねてみました。すると、「あれを練習したら喉が潰れて本番でできなくなると思ったから、練習は頭の中だけでしておいた」とのことでした。つまりぶっつけ本番。あえて練習せず気持ちを高めたそうです。「演出家さんが一発OKにしてくださってよかった、もうできなかった」とおっしゃっていましたが、たぶん演出家さんも、その気迫を感じ取り、これは二度とできないと瞬時に理解されたんでしょう。もちろん、一発OKになるほどのすばらしい出来だったからなのですが、ぶっつけ本番であれをやってのける役者魂とそこまでちゃんと理解する演出家さんのすばらしさに鳥肌が立ちました。まさにプロの仕事です。
本作は全8話で、しかも私が担当したのは半分だったのであっという間でしたが、ドラマの内容もキャストもスタッフもすばらしくて、携われて本当に幸せでした。ペアを組んだ翻訳者さんからも作品に取り組む姿勢等、学ぶことが多くて、とてもいい経験になりました。
こちらのタイトルは「ブロードチャーチ~殺意の町」。11月にDVDが発売される予定です。イギリスで34.2%という脅威の視聴率をたたき出したサスペンスドラマ。すでに某局で放送済みですが、DVD版は声優陣も翻訳もすべて異なります。まだ少し先ですが、レンタル店に並んだら是非ご覧ください♪ emi


2015年8月14日金曜日

夏のお勧め映画♪

すっかりご無沙汰しています。izumiです。在宅ワーカーの強敵、子供の長期休みとの闘いに疲れ、暑さにやられていました。(北海道でしっかり夏も満喫しましたよ~。これはノマドワーカーの特権!)まだまだ闘いは続くので、今回は宣伝のみで失礼します。

年末年始に涙目で訳したドキュメンタリー2本が、この夏公開されています。どちらも見応えがあり、ドキュメンタリーを見慣れない方でも引き込まれること間違いなし!猛暑から逃れるのにも最適なので、ぜひご覧ください♪

「ルック・オブ・サイレンス」
話題を呼んだ大ヒット作「アクト・オブ・キリング」の続編。前作はインドネシアの大虐殺の実態を加害者側から描きましたが、今回は被害者が加害者に「なぜ殺したのか」と問いかけます。兄を殺された青年の冷静さとまともさが、胸に迫る作品です。映画評論家の町山智浩さんにも絶賛されました。こちらを見てから「アクト~」を見るのもお勧め。
http://www.los-movie.com/

「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」
日本にもファンが多い写真家サルガドを、友人であるヴィム・ヴェンダースが描いた大作。サルガドの写真がふんだんに使われ、スクリーンで見ると圧倒されます。彼の哲学的な信念、生き方、夫や父親としての素顔を余すことなく伝える一作です。ぴあの満足度ランキングで2位を獲得しました!
http://salgado-movie.com/

そして8月22日公開がこちら。「ムカデ人間3」!
シリーズ完結編!祭りだよ!全員集合!…以上(笑)!
http://movie.walkerplus.com/mv58287/

放送中のドラマもぜひ♪
「マスケティアーズ/三銃士」シーズン1&2(Huluにて配信中)
BBC制作のイケメン三銃士&ダルタニアンの物語。悪役も魅力的です!
http://www.hulu.jp/the-musketeers

「荒野のピンカートン探偵社」シーズン1(WOWOWにて放送中)
アメリカ初の女性探偵が西部の無法地帯で活躍するミステリー。
http://www.wowow.co.jp/drama/pk/

まだまだ残暑が続きますが、楽しく夏を乗り切りましょう♪(izumi)