2015年12月30日水曜日

2015年 年末のご挨拶

2015年も残すところわずかとなりました!
今年もトリログメンバーにとって充実の日々があっという間に過ぎていった気がします。それぞれにサクッと振り返ってみました♪

Michiko:
 今年も、とっても有意義でした!
1年を振り返ると、年々過ぎて行く速度が速くなっている気がします。特に今年は私事ではありますが反抗期真っ只中の娘と息子に振り回されっぱなしでした。そんな中で、好きなことが仕事であることの幸せを実感した1年でした。もちろん生活のために仕事をしていますが、私はその仕事が大好きな事です。
 仕事上毎日、映画やドラマを見ますがそれでもまだ洗い物をしている時や入浴中、寝る前に
1日に何本もの映画やドラマを見ます。この1年、何とか乗り切れたのは大好きな仕事があったからかも…と、思わずにいられません。この仕事に巡り合えたことに感謝!周りの方々に支えてもらった「ありがとう」の1年でした。来年も更に飛躍した一年になるよう頑張ります。


Izumi:
 2015年はプライベートで北海道と行き来する機会が多く、PCとネット環境があれば、どこでもできる仕事でよかったとつくづく感じました。
仕事の幅が広がった年でもあり、今までより一段上のレベルを求められていると痛感しています。力不足を補おうと必死にがんばった年でした。
また、「翻訳百景」のイベントでブログの読者にお会いすることができ、感激しました!
2016年は「頼れる翻訳者」を目指します♪


Emi:
 2015年は字幕と吹替をバランスよくできて充実した年でした。今は作業中の“ガッツ案件”で頭がいっぱいですが、この先には大きく成長した自分がいると信じて頑張っています。プライベートでは、文字どおり重い腰を上げてスポーツを始めました。今後も継続して、仕事のつらさからスイーツに逃げても大丈夫な体にしたいと思います!2016年もこうやって一歩ずつ成長していきたいです。目指せ「(視聴者にも取引先にも)愛される翻訳者」!


Yoko:
 2015年は、秋に家族が増えるという年初には思いもよらなかったハッピーサプライズがありました♪ 相変わらず多忙な日々で仕事面もプライベートもちょっと充実しすぎた年だったかな。
来年は生活に少しゆとりを持たせ、仕事は“ガツガツ”から“じっくり”に変え、より質を高める努力をしていきたいと思っています。2016年は「任せて安心の翻訳者」を目指します!



この1年、お世話になった方々、ブログを読んでくださっている皆さま、本当にありがとうございました。2016年が皆さまにとってすばらしい年となりますように。

よいお年を♪♪♪♪

2015年12月14日月曜日

私の過渡期

 先日、JTF翻訳祭の『曲がり角を抜けて、ベテランへ』というパネルディスカッションでパネリストとして登壇しました。私はいま翻訳者人生15年目の中堅といったところ。議題のとおり、中堅の曲がり角を抜けて、なんとかベテランへの大きすぎるステップを這い上がろうともがいているところです。翻訳祭ではレベルアップに必要な「時給アップ」や「スピードアップ」のための実践的なアドバイスのほか、客観的に自分のレベルをとらえることの大切さなどについて、それぞれのパネリストが質問に答える形でお話ししました。

 2015年は私にとっては過渡期と言える年でした。結論を先に言うと、取引先がかなり入れ替わり、報酬は平均的にアップしました。これはとてもありがたいことで、単純に言えばレベルアップに成功したわけです。ですが実際のところは、これまで安定していた受注量がバラついてなんとも落ち着かない状況が続く苦しい時でもありました。

 新しい会社との取引を求めて営業活動をするには体力が必要ですよね。営業してもその日に仕事がもらえるわけではないし、いざお仕事の打診をいただいたら、よほどのことがないかぎり断りたくありません。そのために、ある程度余裕を持たせたスケジュールで連絡待ちをしたいのですが、そううまくいくわけもなく…。だからといって、無理に仕事を詰め込んでしまうと100%の力が出せなかったり、品質にバラつきが出てしまったり…で結果、後悔したことも正直ありました(泣)
この反省はレベルアップのための痛い経験として私の心に深く刻まれています。

 もちろん、いい経験もできました。仲間から新しい会社を紹介してもらえたり、すばらしい担当者と出会って今まで以上に「一緒に作品を作っている」という思いが深まったり、ストレートに褒めていただいたり…こういった経験は直接やる気につながりますね。

 セミナー直前まで修羅場が続いて苦労もありましたが、登壇してあらためて日々の翻訳生活を振り返り、まだまだできる努力があると実感しました。スケジュールが安定するまではもう少し時間がかかりそうなので、今後は空いた時間には体力を温存し、書きためたきた訳語メモを見やすくまとめてみたり、読みかけの参考資料を積ん読リストから外していこうと思います。

まだまだ今年は終わってないけれど、来年がどんな年になるか…楽しみ♪ yoko