2016年4月20日水曜日

訳語リストは宝の山!

お久しぶりです、yokoです!

桜の季節が過ぎ、あちこちで明るい白やピンクのつつじを見かけるようになりましたね。春はなんだか急に新しいことを始めたくなったり、気持ちだけが前のめりで加速し、足元がもつれそうな私です(笑)

 ところで皆さんは映画や海外ドラマを見ていて、字幕や吹き替えのセリフで自分の引き出しにない表現に触れたときはどうしていますか?以前もお話ししたように、私やizumiは映画を見に行く時もなるべくメモ帳を用意し、気になった訳語はすぐにメモを取るようにしています。例えば「suddenly」を訳すとき、自分の引き出しから自動的に出てくるのは「急に」とか「突然に」だけだったとします。そこへ別の人が「不意に」と訳しているのを見たら、とても新鮮に見えますよね。そんな、すぐにマネしたくなる表現はその場でメモをして、あとで自分の『訳語リスト』に書き足します。映画やドラマで見た訳語や表現は、物語の筋を理解したうえで生きた用例を見ることになるので、とても参考になります。

 さて、問題はそこからです。訳語リストに書き込んだ表現は、そもそも自分からはなかなか出てこないもの。つまり、ただリストに書き足したくらいでは記憶の底に埋もれてしまい、ちっとも自分の中に取り込めません。そこで大切なのは定期的に訳語リストを読み返すこと。そしてさらに大事なのは、それらの訳語や表現を実際に使って自分のモノにしていくことです。こうして訳語のコレクションを増やして、どんどん身につけていけば表現力が無限に広がるはず!なのに、忙しさにかまけてこの宝箱のような訳語リストの存在をうっかり忘れてしまうことも、しばしば


そんなわけで慌てて訳語リストを開いて読みふけってしまいました。 yoko  

0 件のコメント:

コメントを投稿